2018年9月26日(水)

中国、薬の特許期間を延長 5年間、先進国並みに
対米摩擦を意識

2018/5/15 17:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【北京=原田逸策】中国が5月から医薬品の特許期間をいまの20年間から最長25年間と先進国並みに延ばした。抗がん剤などの輸入関税も撤廃した。特許の保護を手厚くすることで国内の新薬市場を育てるねらい。米国との貿易摩擦をにらんで知的財産権の保護強化を米国向けにアピールする思惑もありそうだ。

 特許期間は一般に20年間だが、医薬品は特許申請以降の時間の大半を臨床実験などに費やす。当局が製造を承認してから特…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報