2019年1月23日(水)

今日も走ろう(鏑木毅)

フォローする

「時を止めた男」の衝撃 少しでも近づくために

2018/5/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

今年50歳を迎えるにあたり、私に最も大きな影響を与えた人は誰だろうかと考えると、迷うことなく一人の人物が思い浮かぶ。それは世界最高峰のトレイルランニングレースであるウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB、フランス―イタリア―スイスのモンブラン周回)を58歳で制覇したイタリア人のマルコ・オルモさんだ。私が40歳で公務員を辞めプロランナーに転向したのも、そして今も身体の衰えと闘いつつレースに挑んでいるのも全て彼の影響といえる。

オルモさんが58歳で勝ったUTMBに私は38歳で出場した。国内で敵なしといわれて勇躍、世界に挑んだものの、車椅子で帰国せざるを得ないほどの激しいダメージを脚に負った。一方、オルモさんは表彰式でも軽い足取りで壇上にあがり全く疲れをみせなかった。結局、20歳も年上の彼に3時間近くも引き離されたことになる。衝撃的だった。

どうしてあれほどの年齢でも第一線で闘えるのか、一体どんなトレーニングを積んでいるのか、彼の半生はどんなものだったのか、そして自分も彼のようになれるのかということを帰国後は寝ても覚めても考えるようになった。

2015年の夏、オルモさん(左)の自宅を訪ねた

2015年の夏、オルモさん(左)の自宅を訪ねた

実は欧州で彼は「時を止めた男」としてその半生が映像化され、伝説的なランナーとして多くの人々が憧れる存在だ。イタリア北部の貧しい農村出身で、家庭の事情から思ったような教育も受けられず長年肉体労働を主とした職に就いた。仕事をしながらランニングを始め、世界レベルの活躍は50歳代からという極めて遅咲きのデビュー。世界最高の栄冠を勝ち取ったのは60歳目前でのことだった。彼にとって走ることとは、思い通りにいかなかった自身の半生へのリベンジだという。

160キロメートル超の山道を20時間以上も不眠不休で走り続けるウルトラトレイルは過酷なレースだ。終盤ではあまりの苦しさに、先頭の選手でさえリタイアしてしまうことも少なくない。この状況に打ち勝つ究極の心を持つには、人生の苦境を打破した経験こそが大きな武器になると彼は教えてくれた。

3年ほど前、恋焦がれてイタリア北部の彼の自宅に赴き、一緒にトレーニングをする機会を得た。それは夢のような時間だった。60歳後半になった今も世界のさまざまなレースで活躍する日常は想像以上。若者でも音を上げるきついトレーニングを自然体でこなし、体力の衰えもさほど気にせず、好きなことに挑戦できることが楽しくてたまらないといった様子だった。

彼の人柄に触れて感じたのは、優しさとその真逆ともいえる頑固さだった。ここ数年、歳を重ねるにつれ体は往年のようには動かない。そのたび彼の偉業のすごみに思いをはせる。「時を止めた男」に少しでも近づきたい。それが今でも私の走ることへのモチベーションになっている。

(プロトレイルランナー 鏑木毅)

今日も走ろう(鏑木毅)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

コラム「美走・快走・楽走」

コラム「今日も走ろう」

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

今日も走ろう(鏑木毅) 一覧

フォローする
興奮と熱狂のるつぼと化した箱根駅伝のスタート=共同共同

 今年の東京箱根間往復大学駅伝は創部59年の東海大が全区間を安定して走りきり、大会新記録で初制覇した。圧倒的に有利だと思われていた5連覇を目指す青山学院大は箱根駅伝の独特の雰囲気に翻弄されたようにも感 …続き (1/17)

昨年9月、病み上がりで挑んだレースの100キロを超えたところで笑顔が出た

 「楽しむ勇気」という言葉を好んでさまざまな場所に記している。
 初めて100マイルのウルトラトレイルレースに出場したのは38歳の時だった。モンブラン一周をめぐるトレイルランニングの世界最高峰の舞台「ウ …続き (1/12)

仕事を頑張るからこそ箱根を走る喜びも増す

 ここ数年、働き方改革、ワーク・ライフ・バランスが叫ばれ、長時間労働の問題がようやく真剣な社会課題として認識されるようになった。10年、いや20年遅きに失した感もあるが、長時間労働がなかなか消滅しない …続き (2018/12/27)

ハイライト・スポーツ

[PR]