大和ハウス、「うめきた2期」に名乗り 都内説明会で

2018/5/15 17:00
保存
共有
印刷
その他

大和ハウス工業は15日、JR大阪駅北側の「うめきた2期」再開発の開発事業者を決める事業コンペ(提案競技)に参加すると表明した。東京都内で開いたアナリスト向け経営説明会で、樋口武男会長は「一つのシンボルになる。採算があうのであれば、ぜひ取りに行く」などと述べた。

コンペは21~22日に申し込みを受け付け、7月下旬に事業者を決める。オリックス不動産や阪急電鉄、三菱地所など2013年に開業した1期の「グランフロント大阪」の開発事業者に大阪ガスが加わるグループと、大和ハウスが中心のグループによる争いになりそうだ。同社は1期のコンペで敗れており、雪辱を期す。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]