2019年5月26日(日)

H形鋼在庫2%減 4月末、価格は据え置き

2018/5/15 16:45
保存
共有
印刷
その他

新日鉄住金の鋼材を取り扱う流通業者でつくる「ときわ会」がまとめた4月末時点のH形鋼在庫は3月末に比べて4700トン(2.3%)少ない19万5500トンだった。在庫の減少は5カ月ぶり。冬の不需要期が終わり、出庫量が回復しつつある。

4月のH形鋼の出庫量は3月比3%増えた(浦安市の問屋)

出庫量は8万2600トンで前月に比べて3.1%増えた。4月は3月に比べて稼働日数が少なかったが出庫量は増えており、荷動き回復の兆しが出ている。3月は年度末のためメーカーからの入庫量が多かったが、4月は3月の反動もあり減少した。

新日鉄住金は15日、5月契約分の一般流通(店売り)価格を据え置くと発表した。据え置きは3カ月連続。同社は「市中の荷動きを含めた需給動向などを勘案し、6月契約分以降での値上げを検討していく」(建材事業部)という。値上げ幅は、主原料や副資材のコスト状況や荷動きを見て、今後検討するという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報