EU、再び東方拡大、2018年下期の主要議題に
次期議長国が提唱・オーストリア外相、セルビアなど念頭

2018/5/15 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州連合(EU)が再び東方拡大に本腰を入れる。次期議長国オーストリアのクナイスル外相が日本経済新聞に対し、セルビアなどとの加盟交渉が2018年下期の「主要議題になる」と語った。地政学上の要であるバルカン半島では、ロシアと中国、トルコが政治・経済の両面で影響力を強めている。EUへの引き留めで外交・安全保障上の脅威に対抗する。

「旧ユーゴスラビア諸国との距離を縮める」

クナイスル氏は、排外主義を唱え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]