あなたの会社のRPA偏差値は? SHIFTが診断サービス

2018/5/15 20:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

ソフトウエアの品質保証とテストを手掛けるSHIFTは2018年5月14日、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の診断改修サービス「ROBOPIT!」を発表した。サービス提供に際し、RPA専業ベンダーのRPAテクノロジーズと業務提携。ROBOPIT!の第1弾として、RPAの拡張性や性能、保守性などを診断するサービスを同日から提供開始した。

SHIFTの菅原要介ビジネストランスフォーメーション事業本部本部長は「RPAの普及とともに、ロボット(RPAツール)が止まる、誤動作を起こす、性能が低い、メンテナンスできないといった相談を受けるケースが増えてきた」と話す。こうした課題に対し、診断サービスで現状の問題点を明らかにする。

診断サービスでは導入済みのRPAツールを5つの観点で評価する。具体的には「開発プロセスの成熟度」「ロボットの性能」「誤動作の起こりやすさ」「運用時の人的負荷」「保守性」である。評価結果は点数と他社と比較した偏差値で示し、改善策も提案する。当初は診断サービスのみの提供となるが、今後は改修サービスの提供も計画するという。

診断結果レポートのサンプル(出所:SHIFT)

診断結果レポートのサンプル(出所:SHIFT)

サービスの提供主体はSHIFTで、RPAテクノロジーズはSHIFTに対して技術ノウハウや市場動向の情報を提供する。当初はRPAテクノロジーズのRPAツール「BizRobo!」を診断対象とし、順次診断できるツールを増やす。料金は3つのソフトロボを診断対象とした場合で120万円から。売り上げ目標は「初年度は1億円。3年後に単年30億円を目指す」(SHIFTの菅原本部長)という。

(日経 xTECH/日経SYSTEMS 白井良)

[日経 xTECH 2018年5月14日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]