/

この記事は会員限定です

社会と家族、原点から問う 是枝監督「万引き家族」

カンヌ映画祭リポート(1)

[有料会員限定]

南仏カンヌで開催中の第71回カンヌ国際映画祭に日本の是枝裕和監督が登場した。13日夜、コンペティション部門の「万引き家族」が上映されたメイン会場のパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ。日中には雷雨もあり、肌寒い日が続く今年のカンヌにあっても一段と冷え込んだ夜になったが、詰めかけた観衆の拍手は熱を帯びていた。

「万引き家族」は犯罪でつながった家族の姿を通し、血のつながりや絆について問いかける。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン