/

この記事は会員限定です

サントリー「響17年」販売休止 ウイスキー原酒不足

「白州12年」も

[有料会員限定]

サントリーホールディングス(HD)傘下の蒸留酒メーカー、サントリースピリッツは6月以降、国産ウイスキーの主力商品の一部を販売休止する。対象は「白州12年」と「響17年」。ウイスキー人気が回復し、原酒をつくった10年以上前の想定を超えて需要が拡大。原酒が不足し、販売を続けるのが難しくなった。設備投資など企業努力を続け、再発売をめざす。

販売休止の方針を卸会社や酒販店などに伝え始めた。在庫の状況による...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン