2018年11月13日(火)

安保理、エルサレム問題で緊急会合へ

2018/5/15 4:18 (2018/5/15 5:18更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】国連安全保障理事会は14日、イスラエルの米大使館のエルサレム移転に抗議するデモ隊とイスラエル軍の衝突を受け、15日午前(日本時間同日深夜)に緊急会合を開くことを決めた。安保理の非常任理事国であるクウェートがアラブ諸国を代表して議長国のポーランドに要請。クウェートは衝突で50人以上のパレスチナ人が死亡したとして、中東和平問題を緊急に話し合う必要があると判断した。

パレスチナのマンスール国連大使は14日、「(デモ隊に武力を行使した)イスラエル軍の行為を最も強い言葉で非難する」と記者団に語り、「米国が違法に、挑発的に、単独で大使館を移転したことと同時に虐殺が起きた」として米国を非難した。

マンスール氏はパレスチナ市民に対するイスラエル軍の暴力は「国際法違反だ」と国連本部で訴え、「イスラエルが即座に虐殺を停止し、責任者を正義の場に引き出すことを望む」と強調した。

国連のグテレス事務総長も14日、訪問先のウィーンで記者団に「ガザで起きたことに深い懸念を覚える」と語り、中東和平問題の「政治的解決が必要だと信じる思いがさらに強くなる」と訴えた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報