車内に現金入りの財布 三重・鈴鹿の男性殺害

2018/5/15 1:00
保存
共有
印刷
その他

三重県鈴鹿市の解体作業員、横山麗輝さん(25)が殺害された事件で、横山さんが見つかった車内に現金が入った財布が残されていたことが14日、県警への取材で分かった。鈴鹿署捜査本部は、金銭を狙った犯行ではなかったとみている。

捜査本部によると、横山さんは軽ワゴン車の後部座席にあおむけに倒れ、素足でそばにサンダルがあった。エンジンキーは差し込み口に入っていて、ドアは施錠されていなかった。

また、住宅の扉の鍵も開いており、玄関に横山さんのスマートフォンがあったという。

13日午前5時55分ごろ、同市稲生塩屋1の住宅駐車場で、近くに住む義理の息子(25)が横山さんを発見。横山さんの妻(45)が、連絡が取れない横山さんの様子を見に行くよう息子に頼んでいた。死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息だった。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]