2018年11月13日(火)

中東と日本 対米・資源で揺れる
Decoding the Diet

政治のナゼ
2018/5/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の中東外交は、エネルギー確保の必要性と対米関係のはざまで揺れてきた。

初めて日本が決断を迫られたのが1973年の第4次中東戦争だ。当時の田中角栄首相は米国から親イスラエルの外交を求められた。田中氏は石油危機への対応から米国の要請に応じず、アラブ諸国と独自の資源外交を展開した。

イラン・イラク戦争では米国など国際社会はイラクについた。日本は中立を保ち、当時の安倍晋太郎外相が双方に精力的に和平を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報