/

ニコニコ動画、ユーザー目線でようやく刷新 「炎上」を超えて

カドカワ傘下のドワンゴは動画サイト「niconico(ニコニコ)」を7月までに刷新する。新バージョンでは安定性や画質を高め、ゲーム機能などを加える。課金の多様化や仮想現実(VR)サービスの強化で有料会員に減少に歯止めをかけ、業績回復を目指す。

ニコニコ動画の有料会員数は207万人で、2年前の256万人から2割減。下落した要因は、システム改修の長期化で競合と比べて機能が見劣りすることに加え、スマートフォン上では定額サービスの利用が好まれない傾向があるという。さらに「有料会員数が減少とニュースが出るたびにブランドが損なわれ、減少していった」(カドカワの川上量生社長)。

ニコニコの新バージョンでは動画の合成機能などを追加する

新バージョンは当初2017年10月に投入する予定だったが開発や準備の遅れが響き延期が続いていた。さらに新バージョンの目玉として公表したゲーム機能や動画の編集機能は、ユーザーが求めていた画質や安定性の向上とはかけ離れていた。ニコニコを含むカドカワの18年3月期のウェブサービス事業の営業損益は10億6700万円の赤字に転落した。

厳しい状況を打開するため、ユーザーが求める画質と安定性を高める。6月中には動画変換のシステムを従来のソフトウエア処理から専用のハードウエア処理へと切り替える。すでに開発の山場は越えており、川上社長は「機能もイメージも回復できる」と自信を見せた。配信用の通信帯域についても「毎秒730ギガ(ギガは10億)ビットを確保している事業者は国内にほとんどない。能力的には4K配信もできる」として今後も帯域を強化する方針を示した。

運用コストは年間で50億円がかかっていたが、サーバーや通信機器の制御をしやすくする効率化を進めたことで年間8億~9億円を削減する。ウェブサービス事業の19年3月期の営業損益は10億円の黒字を予想する。

安定性や画質の改善にめどがついたとして、今後は新機能の開発も進める。延期が続いていた新バージョンは「夏休み前に出す」(川上社長)と説明する。主要ユーザーである学生など若者の利用増が期待できる7月までに投入するとみられる。新バージョンでは、視聴者が参加できるゲームやクイズ、別の動画を挿入するといった動画編集の機能を加える。

有料会員の月額利用料に依存しない増収策も模索する。ゲームを遊ぶたびに料金を徴収する都度課金の仕組みを新バージョンで取り入れる。仮想空間で3Dキャラクターを動かすバーチャルユーチューバーに視聴者が有料のギフトをプレゼントする「投げ銭」システムも取り入れる。現状でニコニコ動画の売り上げ構成の中で有料会員の月額利用料は約8割。都度課金や投げ銭を取り入れることで1年後には月額利用料の比率を5割以下に下げる方針を示した。

スマホを使ったライブ動画の競合が増える中、一度失った有料会員は簡単には戻ってこない。ドワンゴ自身も19年3月の有料会員数は前年比6万人減の201万人と予測する。売り上げ1000億円へのV字回復を果たすには、新バージョンで動画の新しい楽しみ方を一から作り上げつつ、新たな収益源も確立するという難しいかじ取りが必要になる。

(企業報道部 松元英樹)

[日経産業新聞5月15日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン