2018年12月17日(月)

14日の衆参予算委の主な発言

2018/5/14 22:03
保存
共有
印刷
その他

衆参両院予算委員会の論戦のポイントは次の通り。

【加計学園問題】

中野洋昌氏(公明、衆)柳瀬唯夫元首相秘書官は、加計学園関係者と官邸で会っていた。

安倍晋三首相 首相秘書官は日々、多くの来客がある。報告は受けていない。

中野氏 手続き上、面会に違法性はないか。

首相 面会が(国家戦略特区の認可を審査する)有識者の議論に影響を与えたことは一切ない。面会は問題ない。柳瀬氏のみならず、前川喜平前文部科学事務次官を含め誰ひとり私から何らの指示も受けていないことが既に明らかになっている。

本多平直氏(立民、衆)柳瀬氏から国家戦略特区の獣医学部新設問題の報告はあったか。

首相 加計学園や(同学園の獣医学部新設先の)愛媛県今治市といった個別具体的な話は全くしていない。

玉木雄一郎氏(国民、衆)中村時広愛媛県知事ら関係者に証人喚問で証言してもらう考えは。

首相 国会で決めることだ。

玉木氏 (森友学園問題も含め)現状に責任を感じているか。

首相 全て私の指示で行っているかのごとく言われるのは承服しがたい。いつどこで指示したか明確に示していただきたい。

江田憲司氏(無所属の会、衆)加計孝太郎学園理事長との会食やゴルフの費用負担は。

首相 ゴルフについては私と私の同行者の費用は私が支払っている。食事は領収書を取っていないので明らかではない。

塚田一郎氏(自民、参)政権の長期化で官僚による首相への忖度があったとの指摘もある。

首相 忖度があったのではないかとの批判があることは真摯に受け止める。忖度をされる側には分かりにくい面がある。私としてなかったと言い切ることはできない。私は忖度など求めていない。政権の長期化で国民的な懸念が高まっているのであれば、今後は慎重に対応していく。

大塚耕平氏(国民、参)柳瀬氏を証人喚問する考えは。

首相 柳瀬氏は誠実に答弁した。国会の運営は国会で決める。

大塚氏 加計学園は獣医学部新設で何度もトライしていた。

首相 加計氏とは40年以上の付き合いになるが、私の地位を利用して何かしようとしたことは一回もない。仕事の頼みはされたことがない。

田村智子氏(共産、参)2017年1月以前、京都府に獣医学部新設は1校に限ると伝えたことはあるか。

梶山弘志地方創生担当相 ない。

田村氏 16年10月に京都府副知事が山本幸三前担当相を訪ね、獣医学部新設を陳情した際の記録は残しているか。

梶山氏 要望書の写しを記録としている。

田村氏 面談記録の文書を入手した。山本氏の発言として「1校しか認められない。難しい状況なので理解してほしい」と記されている。

梶山氏 そのやりとりは承知していない。

福島瑞穂氏(社民、参)柳瀬氏が15年に学園関係者と官邸で会ったことをいつ知った。

首相 今年の大型連休中に今井尚哉首相秘書官から報告を受け、私も知った。

【北朝鮮問題】

岸田文雄氏(自民、衆)日本はどう関わる。

首相 米朝首脳会談に向けてトランプ米大統領と緊密に連携する。6月にカナダで開催される先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)の機会も活用し、日本の考えをしっかり米国に伝える。米朝首脳会談後、大統領から直接結果を聞きたいと考えている。どのような形とするかは今後、調整したい。

塚田氏 トランプ氏に首相が直接会って念押ししてもらいたい。

首相 米朝首脳会談を主導しているのはポンペオ国務長官だ。訪朝後、同氏が在日米軍横田基地に寄った際、河野太郎外相とも電話で話した。外相レベルでも意思疎通を緊密にしていきたい。

浅田均氏(維新、参)北朝鮮が製造した核兵器数や保管場所などを全て把握しているのか。

首相 インテリジェンス(情報活動)に関わるのでコメントは差し控えたい。情報収集分析に努めている。日本独自の情報もあるし、同盟国と共有しているものもある。

【日朝首脳会談】

岸田氏 日朝首脳会談についてどう考える。

首相 拉致問題の解決につながるものでなければいけない。あらゆるルートで日本の考え方を北朝鮮に伝えている。

薬師寺道代氏(無所属クラブ、参)北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談するべきだ。

首相 日本の考えを伝える必要がある。会談について金委員長に決断をしてもらいたい。

【拉致問題】

秋野公造氏(公明、参)拉致問題解決への決意は。

首相 日本と中国、韓国で対応には温度差がある。拉致被害者の両親が元気なうちに対面できるよう全力を尽くす。

【イラン核合意】

大塚氏 トランプ氏のイラン核合意からの離脱表明について考えは。

首相 日本は合意を支持する立場だ。他方、ミサイル開発は核合意の対象外だ。トランプ氏が述べる課題については理解するところがある。

【セクハラ疑惑】

本多氏 財務省では文書改ざんやセクハラ疑惑など問題が続いた。

首相 麻生太郎副総理兼財務相には、陣頭指揮を執って組織を立て直してもらいたい。

川内博史氏(立憲、衆)麻生氏から被害女性に謝罪がない。

麻生氏 文書でおわびをしている。口頭でということであれば、おわび申し上げる。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報