/

この記事は会員限定です

カジノ・働き方法案で今国会成立を要請 公明、選挙最優先

[有料会員限定]

公明党が働き方改革関連法案とカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案をめぐり、今国会での成立を首相官邸に要請している。両法案は立憲民主党などの野党が強く反対しており、6月20日までの会期内成立を推し進めれば、与野党が対立しかねない。来年は統一地方選や参院選が控えており、公明党は選挙への影響回避を最優先したい考えだ。

今国会は財務省の公文書改ざん問題などで法案審議が停滞し、公明党幹部は「両法案の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン