2018年5月24日(木)

有機野菜で品質保証実験 宮崎県綾町、ブロックチェーン活用
記録の改ざん難しく 「エシカル消費」取り込み狙う

コラム(地域)
九州・沖縄
2018/5/15 1:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 宮崎県綾町が電通国際情報サービス(ISID、東京・港)と組み、仮想通貨の中核技術であるブロックチェーン(分散型台帳)を使った有機野菜の品質保証に関する実証実験を進めている。同技術で記録の改ざんが難しくなる。19日からは都内のイタリア料理店でメニューに載せる実験も開始。目指すのは人や社会・環境に配慮したエシカル(倫理的)消費の獲得だ。

 綾町は1988年に「自然生態系農業の推進に関する条例」を制定、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報