/

この記事は会員限定です

JXTGを悩ませる「非石油事業」

証券部 荻野卓也

[有料会員限定]

旧JXホールディングスと旧東燃ゼネラル石油が昨年4月に経営統合して誕生したJXTGホールディングス。統合1年目の「通信簿」は上々だった。11日に発表した2018年3月期の連結営業利益(国際会計基準)は4875億円。期初時点の予想を1300億円以上、上回った。前期に1100億円超あった原油在庫の評価益を見込まなくても、19年3月期は4900億円の営業利益を稼ぎ出すと見込む。業績は順調そのものだが、経営陣に浮かれた様子はない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン