/

国際送金を数分で 仮想通貨技術使い三菱UFJ銀など

三菱UFJ銀行と三菱商事は14日、米リップル社の仮想通貨技術を使い、国際送金の実証実験を月内にも始めると発表した。一般的に使われている国際送金は数日間かかっていたが、数分で済むなど時間が大幅に短縮できるとみる。送金にかかるコストも減らす。取引先企業の海外ビジネスの拡大に伴い、より便利な送金インフラを模索する。

三菱商事の子会社が、三菱UFJ銀傘下のタイ・アユタヤ銀行と、シンガポールのスタンダードチャータード銀行の両方に持つ口座の間で、仮想通貨の取引に使われる基盤を応用した技術を使い、実際の外貨を送金する。

国際送金は「スイフト」と呼ばれる専用回線を使った取引が主流。国をまたがると複数の銀行を介するため送金に時間が数日間かかるほか、国際送金には1回約数千円の手数料が必要だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン