/

この記事は会員限定です

メルカリ、不正対策急ぐ 上場承認は半年遅れ

[有料会員限定]

メルカリが東証に上場を申請したのは2017年夏。東証1部への直接上場も視野に入っていた。ただコンピューターウイルスの入手方法や一万円札を折って作った作品など、不正出品が次々に発覚した。さらに商品の売却代金を次の商品購入に充てられる仕組みが資金決済法に抵触する可能性があると金融庁から指摘を受けた。東証の慎重姿勢が強まり、当初年末と目されていた上場が遅れた。

メルカリは主幹事証券会社の大和証券などと協...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン