2018年10月19日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,420,343億円
  • 東証2部 90,042億円
  • ジャスダック 100,638億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.29倍 --
株価収益率14.25倍14.48倍
株式益回り7.01%6.90%
配当利回り1.72% 1.78%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,658.16 -182.96
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,590 -300

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

10月18日(木)14:18

インドネシアが東南ア最大級の新空港 旅客収容1億人[映像あり]

人民元が1年9ヵ月ぶり安値 「操作国」指定見送り

10月18日(木)13:03

[PR]

スクランブル

フォローする

投資家悩ます2つの利益 社内指標、株価にもろ刃
編集委員 松崎雄典

2018/5/14 17:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

決算発表で企業が「2つの利益」を開示する例が増えてきた。会計基準に基づく利益に加えて、同基準に基づかない独自の社内利益指標を開示し、利益の傾向をわかりやすくする狙いがある。一方、米国では経営者が都合の良い数字を選ぶことに批判が根強い。どちらの利益を重視すべきなのか、開示情報から企業価値を探る投資家を悩ませている。

14日の東京株式市場ではルネサスエレクトロニクスと、M&A(合併・買収)助言のGC…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム