2018年6月21日(木)

「空のウーバー」は2020年 電動化で始まる空の革命

ネット・IT
エレクトロニクス
自動車・機械
コラム(テクノロジー)
シェアエコノミー
(1/3ページ)
2018/6/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 数人乗りの小型機から100人以上が乗る大型機まで、あらゆるサイズの航空機に電動化の波が押し寄せている。電動化は小型機業界に「空飛ぶクルマ」や「空のライドシェア」といった新市場をもたらす。大型機では燃費の向上に向けてハイブリッド機の開発が電動化技術の需要を高める。

■IT・自動車業界からも参入

 「電動航空機の市場は大きく成長する。我々は、同機の研究開発に数億ユーロ(数百億円)を投じる」。欧州エアバス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報