/

この記事は会員限定です

富士フイルム、親密メールが招いた買収迷走劇

[有料会員限定]

富士フイルムホールディングス(HD)による米事務機器大手ゼロックスの買収計画は13日、ゼロックスが買収合意を解消すると公表し、再び暗礁に乗り上げた。発端となったのは米ニューヨーク州裁判所が出した異例の暫定買収差し止め決定だ。決定文を読み解くと、2社の幹部が交わした「親密すぎる」メールのやりとりが、買収に反対していた米著名投資家のカール・アイカーン氏らの大株主に有利に働いたことが浮き上がる。専門家には米国の裁判の怖さに対する無...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン