2018年5月23日(水)

5/23 14:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: トルコリラ急落 ミセスワタナベの売り、逆張りとの攻防激化[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均、下げ幅200円超える 円高で海外勢が先物売り
  3. 3位: 東証前引け 続落、北朝鮮情勢が重荷 短期勢の売りで一段安
  4. 4位: 株、年初来安値から丸2カ月 円高・原油高のリスクじわり[有料会員限定]
  5. 5位: 日経平均、下げ幅300円超 「商品投資顧問は上昇トレンド一服と判断」

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,693.72 -266.62
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,680 -280

[PR]

業績ニュース

資生堂の時価総額、初の3兆円超え 中国人需要取り込む
魚谷社長の構造改革も進展

2018/5/14 20:30
保存
共有
印刷
その他

 資生堂の株式時価総額が14日、初めて3兆円を超えた。1949年上場の同社株の時価総額が初めて2兆円を超えたのは17年11月。この半年でさらに1兆円増え、急成長ぶりが際立つ。

 14日の資生堂株は一時、前週末比1197円(17%)高い8405円まで上昇。約1カ月ぶりに上場来高値を更新した。11日に発表した好決算を評価した買いが入った。同水準での時価総額は3兆3620億円。消費財関連企業としてはJT(約6兆円)やファーストリテイリング(約5兆1000億円)、花王(約3兆8000億円)に次ぐ規模に成長した。

 高成長の背景にあるのがインバウンド(訪日外国人)需要だ。1~3月期のインバウンド売上高は前年同期比40%増と好調が続く。さらに資生堂は高品質な日本の化粧品を求める中国人に対し、帰国後や他国旅行時も需要を喚起する施策を実施。日本や中国国内に加えて、免税店での販売が同時並行で成長している。

 14年に就任した「プロ経営者」魚谷雅彦社長による構造改革も実を結んでいる。乱立していたブランドを厳選するとともにマーケティング費用を集中投下。販売効率が向上した。世界6つの地域本社に商品開発や販促を主導させ、各地の需要動向への対応力も増した。

 世界の同業他社を見渡すと、11日時点で仏ロレアルの時価総額は14兆7000億円、米エスティーローダーが5兆6000億円と資生堂とは開きがある。「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」を目指す資生堂は今後、課題である欧米事業の立て直しや電子商取引(EC)の強化などを確実に進める必要がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム