/

この記事は会員限定です

米朝シンガポール会談、裏の主役は習主席

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

「6月12日に決まった米朝シンガポール会談の隠れた陰の主役は習近平(中国国家主席)だ。それは訪日した李克強(中国首相)が日本メディアへの感謝を述べるほど愛想良く振る舞ったことにも関係ある」

中国の外交関係者の言葉である。今回の李克強訪日は当初予定より1日長い3泊4日にもわたる長い旅だった。

訪日最終日の5月11日、李克強は共に北海道入りしていた首相の安倍晋三と朝からずっと一緒だった。札幌パークホ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン