2019年7月21日(日)

電通・博報堂トップ対談、水島氏「IoTはチャンス」 山本氏「データ拡大、倫理観重要に」

2018/5/14 12:16
保存
共有
印刷
その他

電通の山本敏博社長と博報堂の水島正幸社長は14日に都内で開かれたイベント「アドバタイジング・ウィーク・アジア」で対談した。両社のトップが公式のイベントで対談するのは初めて。インターネットなど技術革新を受けて、広告の事業領域が商品やサービスの領域から、企業や社会全体に広がるとの認識が示された。

インターネットなど技術の進歩により、個人や社会の様々なデータを収集できるようになっている。水島氏は「(あらゆるモノがネットにつながる)IoTが広がると、家や街がメディアになる」と述べ、広告のビジネスチャンスの広がりに注目する。一方、山本氏は「個人の人生や社会に関わる度合いが高まる。広告事業者の覚悟や倫理観がいっそう重要になる」と指摘した。

今後の広告業界について、山本氏は「広告事業の境界がなくなってきている」と話した。商品やサービスだけでなく「事業やビジネス全体から広告を捉える視座が必要となる」と強調した。水島氏も「広告会社は何でもでき、無限の可能性がある。好奇心を発揮し、熱狂的に挑戦すべきだ」と述べた。

両氏がそれぞれの会社に入社した理由について、「就職活動時に博報堂に落ちたから」と話した山本氏に対し、水島氏は「電通に落ちたから」と応じて会場を沸かせた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。