最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,319.87 -200.14
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,300 -250

[PR]

投信ニュース

フォローする

4月の投信運用、3カ月ぶりに上昇目立つ

2018/5/16 12:00
保存
共有
印刷
その他

4月の投資信託の運用成績を見ると、多くの分類が3カ月ぶりにプラスのリターンとなった。北朝鮮情勢や世界的な貿易摩擦などへの懸念が和らぎ、原油や株式などリスク資産の価格が上昇したことが、ファンドの成績に寄与した。

対象資産の分類別で、パフォーマンス(分配金再投資ベース)が最も良かったのは「コモディティ型」の5.85%だ。欧米諸国によるシリア空爆などで、中東での地政学リスクが高まり、原油価格が上昇したことなどがプラス要因となった。

「先進国債券型」や「グローバル債券型」のリターンも総じてプラス。先進国通貨に対して円安が進んだことが、債券価格下落のマイナス要因を緩和した。一方、「新興国債券型」や「国内債券型」のリターンはマイナスだった。

(QUICK資産運用研究所 笹倉友香子)

投信ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム