/

ファミマ、民泊でエアビーと提携 店舗で鍵受け渡し

ファミリーマートは14日、民泊仲介の世界最大手、米エアビーアンドビーと業務提携することで合意したと発表した。民泊利用者への鍵の受け渡しなどにファミマの店舗網を活用する。民泊を全国で解禁する住宅宿泊事業法(民泊法)の施行を来月に控え、コンビニエンスストアと民泊事業者の提携が広がりをみせてきた。

21日午前に東京都豊島区のファミマ本社でファミマとエアビー日本法人が共同で記者会見を開き、業務提携の内容や今後の両社の取り組みについて説明するという。

6月15日の民泊法施行に合わせ、コンビニが民泊の拠点となる動きが相次ぐ。最大手のセブン―イレブン・ジャパンはJTBと連携し、店舗を民泊のチェックイン拠点として活用する。店内に専用端末を設置し、本人確認や鍵の受け渡しをできるようにする計画で、2020年度までに全国主要都市の1千店で展開する。

ローソンでは1月、民泊などで使う鍵の保管ボックスを店内に設け、物件の所有者や運営会社と対面せずに鍵の受け取りや返却ができるようにした。18年度末までに外国人観光客が多く訪れる都市部を中心に100店に拡大する。

既存店の来店客数が伸び悩むコンビニ各社は、民泊のサービス拠点となることで、訪日客などの民泊利用者を店舗に呼び込みたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン