2019年1月19日(土)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

50歳谷口が大会最年長V 日本プロゴルフ選手権

2018/5/13 22:36
保存
共有
印刷
その他

この先、勝つチャンスはもう来ないかもしれない。ラインがよく分からなくても「入れるしかない」。谷口は執念でパットを決め続けた。土俵際で粘り腰を発揮した17番のパーパット、プレーオフに持ち込んだ18番のバーディーパット、そしてウイニングパットはいずれも5メートルほど。20年前に初優勝した当時、「和製タイガー」と呼ばれた気迫あふれるガッツポーズを連発した50歳は「きょうは奇跡だと思う」と目に涙をにじませた。

プレーオフ2ホール目でウイニングパットを決めガッツポーズする谷口

前年最終日、2打差の首位で出ながら宮里に屈した。11月のカシオワールドでも20勝目を逃して「もうダメか」とあきらめかけた。数年前の肉体改造が裏目に出て体が硬くなり、最近はひところのようなアイアンショットが打てない。「20勝したけど、ほめられたゴルフじゃない。ごまかしながら」と自嘲する。

ただ「よくこんな位置にいるな」と意外に思いつつ「ショットがいいからといって勝てるわけじゃない。調子が悪くてもミスを最小限にすればいい」。我慢を続ければ勝機は訪れるはず。15番(パー4)で強い雨風に押し戻されて第1打がフェアウエーに届かずボギー。不運を感じながらも、あきらめはしなかった。

1996年の尾崎将司の記録(49歳)を更新する大会最年長Vに「55歳で勝ったジャンボさんの足元にも及ばない」。5年シードも「うれしいけど、重い。出るからにはそれなりのゴルフをしないと」と神妙に話す。

体力や飛距離で譲っても、負けないものがある。それは「考える力。若手ももうちょっと頭を使ってゴルフをすれば……」。この寸鉄も健在だ。「体はいたって元気」で、勝利を求める貪欲さはいくつになっても失わない。(吉良幸雄)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

第2ラウンド、通算3オーバーで23位に後退した畑岡奈紗(18日、フォーシーズンズ・クラブ)=共同

 【レークブエナビスタ(米フロリダ州)=共同】女子ゴルフの米ツアー開幕戦、ダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズは18日、フロリダ州レークブエナビスタのフォーシーズンズ・クラブ(パー71)で第2ラウンド …続き (7:33)

第2日、9番で第3打を放つ和田章太郎(18日、セントーサGC)=共同

 SMBCシンガポール・オープン第2日(18日・シンガポール、セントーサGC=7403ヤード、パー71)前日から順延された第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われたが、荒天のための中断があり77人が日 …続き (18日 21:25)

第1ラウンド、17番でバンカーショットを放つ畑岡奈紗。2オーバーで22位(17日、フォーシーズンズ・クラブ)=共同

 【レークブエナビスタ(米フロリダ州)=共同】女子ゴルフの米ツアー開幕戦、ダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズは17日、米フロリダ州レークブエナビスタのフォーシーズンズ・クラブ(パー71)で第1ラウン …続き (18日 9:19)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]