/

トランプ氏、車関税20%に引き上げ案 米紙報道

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領が11日に開いた自動車メーカー首脳との会合で、車の関税を20%に引き上げることを提案したことが分かった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが13日までに報じた。国産車より輸入車に厳しい排ガス規制を課すことにも言及したという。自動車の国内生産を増やして雇用を生み出す狙いだが、実現性は不透明だ。

トランプ氏はゼネラル・モーターズ(GM)など米大手のほか、トヨタ自動車ホンダ日産自動車、独フォルクスワーゲンなどの首脳とホワイトハウスで会談した。「米国は多くの車を輸入しているが、国内で生産してほしい」と直接呼びかけた。特にドイツメーカーの米国生産が少ないと不満を表したようだ。

米国は国内で販売する乗用車のうち約半分を輸入しており、2.5%の関税を課している。

これまでもトランプ氏はドイツ車に高関税を課すと発言するなど輸入車に対する「脅し」を繰り返す一方で、日本を含む自動車メーカー各社に米国内での工場建設や増産を求めてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン