2018年9月25日(火)

1600銘柄が最高賞競う 山形で最大級日本酒品評会

2018/5/13 17:12
保存
共有
印刷
その他

 世界最大級のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」の日本酒部門の審査会が13日、4日間の日程で山形市で始まった。456社から出品された過去最多の1639銘柄から純米大吟醸や純米酒など9部門で最高賞を選び、18日に発表する。

世界最大級のワイン品評会「IWC」の日本酒部門審査会で味を確かめる審査員(13日、山形市)=共同

 13日は15の国・地域から集まった約60人の審査員が、銘柄を隠すため白い袋に入れられた瓶から日本酒をグラスに注ぎ、味や香りを確かめながら意見を交わした。

 IWCは英国の出版社主催で、日本での日本酒部門審査会の開催は2012年の東京都、16年の兵庫県に続き3回目。日本酒で「山形」が産地名のブランドを保護する地理的表示(GI)登録されたことなどから、山形県が誘致していた。

 IWCのアンドリュー・リード最高運営責任者は「味や香りが華やかで、海外で人気が出そうな銘柄も増えている。審査会を契機に、世界で日本酒の認知度が上がってほしい」と期待を込めた。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報