/

1600銘柄が最高賞競う 山形で最大級日本酒品評会

世界最大級のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」の日本酒部門の審査会が13日、4日間の日程で山形市で始まった。456社から出品された過去最多の1639銘柄から純米大吟醸や純米酒など9部門で最高賞を選び、18日に発表する。

13日は15の国・地域から集まった約60人の審査員が、銘柄を隠すため白い袋に入れられた瓶から日本酒をグラスに注ぎ、味や香りを確かめながら意見を交わした。

IWCは英国の出版社主催で、日本での日本酒部門審査会の開催は2012年の東京都、16年の兵庫県に続き3回目。日本酒で「山形」が産地名のブランドを保護する地理的表示(GI)登録されたことなどから、山形県が誘致していた。

IWCのアンドリュー・リード最高運営責任者は「味や香りが華やかで、海外で人気が出そうな銘柄も増えている。審査会を契機に、世界で日本酒の認知度が上がってほしい」と期待を込めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン