2018年5月23日(水)
速報 > 人事 > 記事

新日本プロレス社長に元タカラトミーのメイ氏

サービス・食品
2018/5/13 17:00
保存
共有
印刷
その他

 プロレスにもプロ経営者を――。新日本プロレスリング(東京・品川)は6月1日付で新社長にハロルド・メイ氏(54、写真)を迎える人事を固めた。メイ氏は2015~17年に玩具大手タカラトミーの社長を務め、業績を回復させた実績を持つ。経験豊かな経営トップを迎え入れ、動画配信の海外展開などで収益体質を変える。

ハロルド・ジョージ・メイ氏

ハロルド・ジョージ・メイ氏

 オランダ生まれのメイ氏はタカラトミー社長の前は外資系メーカーでマーケティングを担当。ユニリーバ・ジャパンでは紅茶「リプトン」の販売を担当したほか、日本コカ・コーラ時代は奇抜なCMで「コカ・コーラゼロ」をヒットさせた。

 創業家の富山幹太郎氏に引き抜かれて15年にタカラトミーの社長に就くと、着せ替え人形「リカちゃん」をてこ入れ。老舗を復活に導いたが、任期中の17年末に突然退任していた。

 新日本プロレスは有名レスラーらが活躍するプロレス興行の日本最大手。12年にカードゲーム会社に買収された。

 女性客の獲得などで18年7月期の売上高は約46億円と21年ぶりの過去最高を見込むが、一段の成長には動画配信など海外市場の取り込みが不可欠になっている。プロ経営者に競争の「リング」に入場してもらうことで競争力を底上げする。

ハロルド・メイ氏 米ニューヨーク大院修了。87年(昭62年)旧ハイネケン・ジャパン入社。サンスターや日本コカ・コーラ副社長を経て、14年タカラトミー入社。15年に社長兼最高経営責任者(CEO)。オランダ生まれ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報