2018年8月18日(土)

韓国船、北朝鮮の瀬取り関与疑い 日本政府が照会

2018/5/13 16:00
保存
共有
印刷
その他

 韓国船籍のタンカーが5月上旬に東シナ海の公海上で船を横付けして積み荷を移し替える北朝鮮の「瀬取り」に関与した疑いがあることがわかった。北朝鮮は瀬取りなどを通じて、国連安全保障理事会の制裁対象品を密輸している。日本政府は韓国側に情報を提供し事実関係の確認を求めている。

 日本政府関係者によると、海上自衛隊が5月上旬に東シナ海で韓国船籍のタンカーが北朝鮮船籍のタンカーに接近したのを発見し写真を撮影した。積み荷を移し替えたかは確認できず、実行されなかった可能性もあるという。日本政府は韓国側の回答を踏まえ、瀬取りの可能性が高いと判断すれば公表する方針だ。

 日本政府は2017年末から海上自衛隊や海上保安庁による警戒監視活動を黄海や東シナ海上で始めた。密輸が疑われる船舶の写真を公開し、国連に通報している。国連の制裁の実効性を高めるため米国など関係各国との連携を強化している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報