/

北朝鮮核実験場23~25日に廃棄 坑道を爆破

海外メディアに公開へ

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮外務省は12日、北東部の豊渓里(プンゲリ)核実験場を5月23日から25日の間に廃棄する予定だと発表した。坑道を爆破し、入り口を完全に封鎖した後、地上にあるすべての観測施設や研究所などの構造物を撤去。警備員や研究員も撤収させ実験場の周辺を「完全封鎖」する。日程は天候を考慮するという。朝鮮中央通信が伝えた。

透明性を確保するため、外国メディアの現地取材を認めると明らかにした。対象は中国、ロシア、米国、英国、韓国の5カ国で日本は含まれていない。北朝鮮外務省は、「周辺国および国際社会との緊密な連携と対話を積極的に行う」と述べている。

金正恩(キム・ジョンウン)委員長は4月27日の南北首脳会談で、核実験場を5月に廃棄し、そのもようを米韓の専門家や報道機関に公開すると明らかにしていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

緊迫 北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン