/

この記事は会員限定です

農産物運送の荷台統一 積み下ろし時間3割減

[有料会員限定]

農林水産省は物流会社や卸・小売会社などと組み、農産物運送の効率化に取り組む。農産物を車両に積み込むための統一仕様の荷台を共同で導入。機械を使った積み下ろしで2020年度末までに作業時間を3割減らすことを目指す。農産物は少量多品種の運送が多く、物流会社の負担が大きい。ドライバー不足が深刻になる中、農産物流通網の維持を狙う。

卸売会社や物流会社などの業界団体が今夏にも新たに協議会を立ち上げる。サイズや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り550文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン