/

ナジブ前首相、出国禁止に マハティール新政権

国外逃亡を阻止

【クアラルンプール=中野貴司】マレーシア政府は12日、ナジブ前首相とロスマ夫人を出国禁止とした。国外に移るそぶりを見せていたナジブ氏の逃亡を阻止し、政府系ファンドの資金流用疑惑などの責任を追及する狙いだ。

9日投開票のマレーシア総選挙で敗北したナジブ前首相は12日午前、「家族と短い休暇を取る」とツイートしていた。ロイター通信などによると、12日中にもロスマ夫人と共にプライベートジェット機で、インドネシアに向かう予定だった。

これに対し、マハティール新首相はナジブ氏とロスマ夫人を出国禁止とすることで、ナジブ氏の国外逃亡の道を封じた。

ナジブ氏に対しては、首相在任中に政府系ファンドの資金の不正流用にかかわったとの疑惑がくすぶり続けている。マハティール新首相は疑惑を解明し、失われた資金を回収する方針を示しており、ナジブ氏が追及を逃れるため、海外に逃亡するのではないかとの臆測が広がっていた。

ナジブ氏は12日のツイッターで「首相在任中に十分な時間を過ごせなかった家族との短い休暇だ」とこうした臆測を否定していた。「首相在任中の至らなかった点や過ちを謝罪する」とも述べ、円滑な新政権への移行に協力すると強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン