2019年9月23日(月)

ニューロスペース、睡眠の質改善 AIで提案

2018/5/14 6:30
保存
共有
印刷
その他

「眠り」に悩むビジネスパーソンは多い。夜遅く帰ってきて朝早く出かける忙しさ、不規則な勤務時間、仕事上の悩みなどが原因で、なかなかまぶたが閉じない。こうしたトラブルを人工知能(AI)などのテクノロジーで改善するビジネスに取り組むスタートアップがニューロスペース(東京・墨田、小林孝徳社長)だ。

■ひとりひとりの睡眠プラン

「必要な睡眠時間は人によって違う」と話す小林孝徳社長

「必要な睡眠時間は人によって違う」と話す小林孝徳社長

東京スカイツリーから目と鼻の先。倉庫を改修したインキュベーション施設にニューロスペースは入居している。オフィスは少々手狭だが、睡眠をテーマにしている企業だけあって「仮眠スペースも備えているんですよ」と小林社長は笑う。

手掛けるのは、一人ひとりの眠り方を科学的に分析して睡眠改善などにつなげるコンサルティングだ。ベッドマットの下に圧力センサーなどを敷いて寝ている人の動きを把握。浅い眠りと深い眠りの時間帯を分析し睡眠を見える化する。データはAIなどを活用して、効率いい睡眠プランを提案する。

例えば、パートナーや子どもに寝る時間を合わせると、睡眠効率が悪くなることが判明する場合がある。また、人は体の内部の温度「深部体温」が低いときに入眠しやすい。深部体温は11時間おきに最高値と最低値を付ける傾向があるが、これは照明や温度、湿度の調整で数時間、前後にずらすことができる。

こういった諸条件を総合的に勘案し、いつ運動したらいいか、どのような照明を使えばいいか、子どもが寝た後、どの程度たってからベッドに入ればいいか、などをアドバイスする。

見える化の精度を高めるため、睡眠中に頭に付ける特殊なデバイスも開発中だ。通常は赤外線などで脳の血流を測定するが、それとは全く別の独自手法を使うという。

企業向けのプログラムでは、牛丼チェーンの吉野家やANAホールディングスなどで生活が不規則な従業員を対象にした睡眠改善に取り組んでいる。睡眠は誰もが同じように一定時間必要と思われがちだが、「遺伝子や働き方、体の強さなど人によって必要な時間は違ってくる」と小林社長。それを明らかにするためにも、テクノロジーの力が重要になる。

中学生の頃から睡眠に悩まされた自身の経験が起業のきっかけだ。大学入試センター試験の前日には、眠れていなかった疲れからか、一気に睡魔に飲み込まれ、当日結果が出せなかった。

インターンや大学卒業後に入社したIT(情報技術)系の企業では「寝ないで仕事という雰囲気があった」。だが、睡眠が足りないと、上司に言われたことが思い出せなかったり、かけてもらった言葉をネガティブにとらえたり、「とにかくいいことがなかった」

新潟大学理学部で素粒子物理を専攻していたということもあり、科学技術にしっかりを根をはってビジネスをやりたいという思いが強かった。自身が悩む「睡眠」にチャンスがあるのではと感じリサーチを続け、2013年に会社を飛び出し起業した。

だが、軌道にのるまで時間がかかり、土木のアルバイトなどで食いつないだ。旧知の仲だった教育ベンチャー、スローガン(東京・港)の伊藤豊社長から誘いを受け、15年にスローガンの投資部門から出資を受けた。

■科学的な解決を探る

ニューロスペースのオフィス。スタートアップらしい居室にも仮眠室を備える(東京・墨田)

ニューロスペースのオフィス。スタートアップらしい居室にも仮眠室を備える(東京・墨田)

伊藤社長らと事業計画を練っている最中、これまでの睡眠改善のビジネスが健康食品や薬、寝具などを販売するものが多いことに気付く。科学的なアプローチに勝算があるとみて、睡眠のデータを取り見える化して分析する現在のサービスを始めた。

「ダイエットだって体重計がないと効果が見えない。睡眠も一緒」との読みは当たり、既に年間売上高は数千万円で損益も黒字だという。

睡眠改善プログラムの参画企業は大手家電からスタートアップまで30社に迫る。社員一人ひとりにアンケートをとって睡眠改善につなげるコンサルは1社60万円からだ。

大手との連携も始まっている。KDDIでは、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」サービスで、住宅の照明や空調を調整して睡眠改善に取り組む実証実験をスタートした。三井物産が出資するイスラエルの医療機器スタートアップと組み、海外出張の多い商社マンの健康管理につなげる取り組みも進める。

さらに、法人契約の枠組みを超えて来年には個人向けの睡眠改善プログラムを始める考えだ。睡眠障害に悩まされた起業家が始めたビジネスは、同じように睡眠に悩む人に救いを差し伸べようとしている。(矢野摂士)

[日経産業新聞 2018年5月14日付]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。