中国5県の地銀 店舗戦略見直し急ぐ 島根銀、店舗統廃合へ

2018/5/11 21:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国5県の地銀で店舗運営を見直す動きが広がっている。島根銀の鈴木良夫頭取が11日、店舗の統廃合を含め営業体制を抜本的に見直す方針を表明した。支店の出張所化や機能特化の店舗運営を検討する地銀も多い。人口減や高齢化で来店客数が減少していることに加え、地銀の事業環境は厳しさを増しており、時代に適した店舗のあり方を模索する。

2018年3月期決算で本業のもうけを示すコア業務純益(単体ベース)が赤字だった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]