2018年12月15日(土)

富山銀新本店、19年6月完成 総事業費40億円

2018/5/11 21:28
保存
共有
印刷
その他

富山銀行は11日、富山県高岡市で建設中の新本部・本店ビルの概要を明らかにした。総事業費約40億円で整備し、2019年6月に完成、7月に移転を終え業務を始める。基礎免震構造や高度なセキュリティーシステムを導入するなど安全・安心に配慮。ICT(情報通信技術)を駆使して生産性向上を図る。

富山銀の新本店ビルの外観イメージ

新ビルはJR高岡駅前に建設し、8階建てで延べ床面積は6500平方メートル程度。2階にホールを設けて地域との交流を強めるほか、テレワークや電子決裁を有効利用して働き方改革を進める。フィットネスルームも設置して行員の健康増進を図る。

斉藤栄吉頭取は同日の記者会見で「先進機能を備えた新本店で効率的な営業体制を整える」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報