2018年9月24日(月)

イオン、WAONカードで運賃決済 北海道のバス3社で導入

2018/5/11 22:00
保存
共有
印刷
その他

 イオングループは道東のバス会社と連携し、イオンの「WAONカード」で運賃の支払いができるサービスを始める。十勝バス(北海道帯広市)、くしろバス(北海道釧路市)、阿寒バス(釧路市)の3社で導入する。3社が運賃決済にICカードを導入するのは初めてで、乗客の利便性を高める。

 十勝バス、くしろバスは21日から定額運賃路線で開始する。秋からは阿寒バスも加わり、3社は乗車距離で運賃が変わる多区間運賃路線でもサービスを始める。

 交通系のICカード以外の電子マネーで、多区間運賃路線の決済ができるサービスは全国で初めてという。イオン北海道は「バスの利用も店舗での買い物もWAONカード1枚で済むので、バスで買い物に来る人が増えるのでは」と期待している。

 イオンは2017年に帯広市と包括連携協定を結んでおり、公共交通機関の利便性を高めて地域活性化につなげる。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報