/

新橋駅前で女子高生7人倒れる 過呼吸、全員が軽症

11日午後4時20分ごろ、東京都港区のJR新橋駅前で「体調不良を訴えている高校生がいる」と東京消防庁や警視庁愛宕署に通報があった。同庁や愛宕署によると、女子高校生7人が体調不良を訴えて倒れており、病院に搬送された。いずれも軽症で意識はあるという。

女子高校生らが倒れ、一時騒然とするJR新橋駅前の現場付近(11日午後、東京都港区)

同署は、精神的な不安や極度の緊張状態などが原因で過呼吸の状態になる「過換気症候群」とみて調べている。

同署などによると、7人はいずれも横浜市内の県立高校に通う高校2年生。同校の生徒約340人と引率の教員10人が遠足で都内を訪れ、JR新橋駅前の広場に集合していた。複数の生徒が集合時間に遅れたため、教員が注意していたところ、遅れた生徒を含む7人が過呼吸になり次々と倒れたという。

過換気症候群は若い女性に多くみられ、過呼吸に続いて手足のしびれや動悸(どうき)、失神などが引き起こされる。発作が起きた場合は、ゆっくりと落ち着いて呼吸したり、紙袋を使って呼吸したりすると落ち着く例が多いという。

過去にも2010年に大阪市の中学校で女子生徒7人が同症候群で病院に搬送された。13年にも兵庫県で女子高校生18人が同症候群とみられる症状で搬送されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン