2018年11月18日(日)

米大使館のエルサレム移転、インドネシアで反対デモ

2018/5/11 18:51
保存
共有
印刷
その他

【ジャカルタ=谷翔太朗】インドネシアの首都ジャカルタで11日、14日に予定される在イスラエル米大使館のエルサレム移転に反対するデモがあり、3万人以上が参加した。大きな混乱はなく、数時間で収束した。インドネシアのジョコ大統領は同日の声明で改めて、大使館移転を批判。インドネシアはイスラム教徒の人口が世界最多で、イスラエルによるパレスチナ圧迫を非難。イスラエルとは外交関係がない。

11日、ジャカルタの独立記念塔の前でパレスチナの旗を掲げるデモ参加者たち

デモは複数のイスラム系団体の指導者の呼びかけで実施。参加者はジャカルタの米大使館前で行進する予定だった。だが、警察が付近を閉鎖したため、ジャカルタ中心部の独立記念塔(モナス)周辺に集合した。

参加者は「パレスチナを救え」「米国とイスラエルは悪魔」などと書かれた横断幕を掲げ、米国への不満を表明した。

ジョコ氏は声明で「大使館の移転はいくつもの国連安全保障理事会の決議に反する」と指摘。「インドネシアはパレスチナの人々の側に常にいる」とも強調した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報