/

NTT社長、海賊版サイト遮断「犯罪行為放置しない」

NTTの鵜浦博夫社長は11日の記者会見で、「漫画村」などの海賊版サイトの接続遮断(ブロッキング)を決めたことについて「ネットの自由を守るため、無法地帯にしない取り組みが必要」と述べた。鵜浦氏は「いたちごっこと言われるが犯罪行為を放置してはいけない。やるという強い意志が必要」と強調した。

海賊版サイト

NTTグループは4月、政府の知的財産戦略本部が指定した「漫画村」「Anitube」「Miomio」の3サイトについて、ブロッキングを実施すると発表した。学者や業界団体などから検閲にあたるとして批判の声が上がっている。

これについて鵜浦氏は「政府の検閲とかそういうのは私も大嫌い」と説明。その上で「ネット社会の自由やオープン性を守るために、無法状態で放置しておきたくない。なんらかの取り組みをしたいという思いがあった」とブロッキングに踏み切った理由を述べた。

決算発表するNTTの鵜浦博夫社長(11日午後、東京都千代田区)

違法サイトは今後も出る可能性があるが、「該当サイトが閉じたからといって不法行為が清算できたわけではない」と指摘。「コンテンツをつくるひとのインセンティブのためにも取り組みを強化する必要がある」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン