履修・多様性、前進と課題 大学改革見つめた8年
河田悌一 前日本私立学校振興・共済事業団理事長

2018/5/14 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3月に退任した河田悌一日本私立学校振興・共済事業団(私学事業団)理事長に日本の大学の課題や8年間の変化について寄稿してもらった。

三国時代、魏の初代皇帝、曹丕は次のような有名な言葉を述べている。

「文章は経国(国を経〈おさめ〉る)の大業にして、不朽の盛事なり」

この「文章」を今、「教育」あるいは「大学」とみなすことが必要だと私は考える。

グローバル化と人工知能(AI)と少子化が進展する今日、資源…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]