2018年11月16日(金)

マツダデザイン支える独自砥石 金型表面を滑らかに

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2018/5/16 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マツダが2010年から掲げるデザインテーマ「魂動(こどう)―Soul of Motion」。この魂動を念頭においたマツダデザインが進化していく中、一つの砥石が生まれた。車体パネルのプレス成形用金型を機械加工した後の磨き工程で使う砥石で、目で見て分かるほど大きな穴が多数、表面に開いている。その名も「魂動砥石」である。

■最小の研削量で狙いの面粗さを実現する

魂動砥石は、金型の磨き工程である粗工程・中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報