/

この記事は会員限定です

三菱UFJ・三井住友銀、ATM共通化へ実験

[有料会員限定]

三菱UFJ銀行と三井住友銀行はATMの相互開放について、実証実験を始める検討に入った。名古屋を候補地の1つとし、利用客が互いのATMを無料で使えるようにする。将来的にATMの共通化につなげれば効率的な配置がしやすくなり、全体の台数を減らせるようになる。

近接する地域内で重複するATMを削減できれば保守管理に要する費用を抑えられる。警備など月々のコストは1台あたり数十万円程度とされる。協業できる内容...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り243文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン