/

イスラエルが大規模攻撃、シリア内のイラン施設に

【イスタンブール=佐野彰洋】イスラエルは10日、シリア国内にあるイランの軍事施設に大規模な攻撃を行った。イスラエルによると、10日未明に隣国シリアからイスラエルに対してイラン革命防衛隊が行ったロケット弾攻撃への報復という。トランプ米政権によるイラン核合意の離脱表明を受け、中東情勢の緊迫が高まっている。

イスラエルのリーベルマン国防相は対シリア攻撃について「シリア内のイランの(軍事)インフラのほぼ全てを攻撃した」と述べた。1973年の第4次中東戦争以降、イスラエルによるシリア領内への攻撃で最大規模となったもようだ。

アサド政権を支援し、シリアに部隊が駐留するロシアには、イスラエルが事前に警告を発したもようだ。

ロシアのタス通信によると、同国国防省は攻撃にはイスラエル軍のF15、16戦闘機28機が参加し、約60発の空対地ミサイルを発射したとの声明を出した。10発以上の地対地ミサイル攻撃も行われたという。シリア人権監視団(英国)によると、アサド政権軍の5人を含む少なくとも23人が死亡した。

イスラエルは敵対するイランのシリア進出や、イランが支援する、隣国レバノンのイスラム教シーア派武装組織「ヒズボラ」の強大化に強い危機感を抱いてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン