日向栄進産業、農家向けに装置 豚のふん尿処理楽に

2018/5/11 1:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

橋梁などの解体を手掛ける日向栄進産業(宮崎市)は養豚農家向けの豚ふん処理システムを開発した。豚のふん尿が混ざったものを、通常排水できる水と固形物に分離する。水は豚舎の洗浄に使え、固形物は絞って乾燥させることで軽量化でき、廃棄コストを軽減できる。宮崎県の豚飼養頭数は全国2位。処理に悩む生産者からの需要を見込む。

県内に多い1000~2000頭規模の農家向けに販売し、5年後に1億円の売り上げを目指す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]