/

この記事は会員限定です

日本産食品の輸入規制緩和 新潟の産地、中国に期待

[有料会員限定]

日中両政府は9日、中国が実施している日本産食品の輸入規制の緩和に向けた協議体の設立で合意した。規制対象に指定されている新潟県内の生産者からは「輸出に弾みがつく」といった期待の声が上がった。

農事組合法人「ドリーム和田」(新潟市)の村山勝英組合長は「所得水準が向上している中国は有望市場。販路拡大につながる」と両政府の合意を歓迎した。同法人は約50ヘクタールの圃場で「コシヒカリ」や「新之助」といった複...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン