2019年6月19日(水)

埼玉・川口市、地元舞台のマラソン映画を製作

2018/5/10 23:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉県川口市は地元を舞台にした映画を製作する。埼玉県と共催する「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」の15回目を記念して、オープニング作品として上映する。市民にもエキストラとして参加してもらい、映画祭への親しみを高める。

映画のタイトルは「君がまた走り出すとき」。応募のあった約50の作品から、中泉裕矢監督の企画が選ばれた。作品は東京やロンドン、ボストンなどの世界6大マラソンを走破した市内在住の古市武さん(78)をモデルにした物語だ。

市を中心にロケ地を選び、マラソン大会のランナーや観客役などのエキストラを募る。同市は製作費などとして2018年度予算に約3500万円を計上している。

今年の映画祭は7月13~22日まで開催する。デジタル映画をテーマにしたイベントで、若手監督による作品製作や上映を後押しする狙いもある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報