/

この記事は会員限定です

鯨肉、もっと身近に 自民党本部で初フェア

[有料会員限定]

日常の食卓でかつて身近な存在だった鯨肉。国内生産量は1962年の22万6千トンをピークに近年2千~3千トンで横ばいが続く。「鯨食」への関心を高めようと10日午前、自民党本部でフェア「鯨とともに生きる 鯨食文化展」が初開催された。クジラ汁やカレー、竜田揚げが無料で振る舞われ、全国から集まった鯨肉製品が販売された。

大人になるまで「すき焼きは鯨肉で作るものとずっと信じていた」。江戸時代から捕鯨が盛んな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン