2018年8月17日(金)

国循、健都舞台にフィリップスと提携 AIで診断支援

2018/5/10 19:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)はフィリップス(オランダ)など医療機器大手と組んで先端技術の開発に取り組む。病院と研究拠点が隣接する「北大阪健康医療都市(健都)」(同市、摂津市)で人工知能(AI)を活用した画像診断などの実用化を目指す。診断の精度も上げ、心臓病や脳卒中など循環器病や生活習慣病の予防を軸に医療機器分野の開発拠点とする。

 国循は10日、フィリップスの日本法人、フィリップ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報