/

この記事は会員限定です

国循、健都舞台にフィリップスと提携 AIで診断支援

[有料会員限定]

国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)はフィリップス(オランダ)など医療機器大手と組んで先端技術の開発に取り組む。病院と研究拠点が隣接する「北大阪健康医療都市(健都)」(同市、摂津市)で人工知能(AI)を活用した画像診断などの実用化を目指す。診断の精度も上げ、心臓病や脳卒中など循環器病や生活習慣病の予防を軸に医療機器分野の開発拠点とする。

国循は10日、フィリップスの日本法人、フィリップ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン